Loading

海、山、歴史。やさしい人々と、つたわる伝統。

五島市について

五島市について

島ならではの豊かな自然と歴史・文化島ならではの
豊かな自然と歴史・文化

 長崎市から西へ約100km。五島列島最大、日本でも10番目に大きな島「福江島」を中心に、11の有人島と52の無人島からなる五島市。有人島数は市町村単位でみると日本一で、昔ながらの多様な島の暮らしがいまなお息づいています。そんな多彩な島々には、東シナ海の荒波に削られた断崖や、テーブルサンゴが群生する透明度の高い海、さらに白砂とエメラルドグリーンの海が広がる海水浴場など、美しい海と豊かな自然が溢れ、四季を通じて釣りやマリンスポーツなどが楽しめます。また椿油の産地としても有名で、原料となる天然のヤブ椿が数多く自生しています。
 一方で、古くは遣唐使の寄港地として海外交易の拠点として栄え、またカトリック信仰の地として多くの教会が点在し、さらに倭寇や空海の伝説が残り、城郭や武家屋敷など歴史文化遺産も豊富です。
 特に教会については、現在長崎県や関係市町と連携して、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界遺産登録を目指しています。

五島市へのアクセス

五島市へのアクセス

五島市について

PAGE TOP